Return to site

ヨギーニからお子様にも愛されるオーストラリア発祥のVeganヘルシースイーツ「ブリスボール」の魅力

ブリスボールの手作りキットのメディア向け体験会&レシピ本のお披露目会へお伺いしてきました。

会場に入ると色鮮やかなブリスボールがずらり。

FOOD JEWELRY代表の坪井さんのセンスが会場内に溢れていました。

ブリスボール って、なに?

No Sugar(砂糖なし)

No Gluten(グルテンフリー)

No Additives(添加物なし)

をコンセプトとする、オーストラリアが発祥の、ヨガをする人たちを中心にはじまった、ヘルシースイーツのこと。

ナッツ、ドライフルーツ、スーパーフードなどを混ぜて、まるめて栄養たっぷりのカラフル・ボール。小麦粉不使用のスイーツ。

(代わりに一部の商品に、グルテンフリーのオーツ麦を使用)

ブリスボールの簡単な作り方のレクチャーを坪井さんご本人がレクチャー。

本日(2017年5月25日)より発売された「ブリスボールのレシピ本」 

この一冊でブリスボールのレシピや魅力がわかるFOOD JEWELRY代表の坪井玲奈さんブリスキッチンさんご共著の自信作。

お披露目会では

ドライフルーツやナッツなどをミキサーやフードプロセッサーで混ぜるだけで簡単にブリスボールができちゃうキットを使い、本の一部のレシピを皆さんで手作りしました♪

私の個人的なあるあるですが、「時間がなくても簡単にできますよ」っていうレシピ。

実際作ってみたら、結構手間かかる😂 というレシピにたまに出会す私。

坪井さんが提案する「ブリスボールキット」で作ったら、本当に

「時短、美味、ヘルシースイーツ」だった😋

最後にスーパフードをブリスボールのまわりにつけて出来上がり。

(皆さんは可愛くデコレーションしてね😂)

隣の人と話しながらあっという間に完成。

これならお子様とも一緒にヘルシースイーツを作れそう。

材料もフレッシュなものを。

ブリスボールにはココナッツファインも使用しているものがありますが、安価なものはほとんど漂白されているため、気をつけたいところ。もちろんFOOD JEWELRYさんのココナッツファインは、無漂白のものを使用しているので安心です。

実はオーストラリアに住んでいた頃、良く食べていたこのスイーツ。

オーストラリアでは、日本と比べ、ほとんどのものがラージサイズですが、ブリスボールも少し大きめ。

FOOD JEWWELRY さんのは一口サイズで味も豊富でバラエティー豊か。

懐かしの味が日本でも気軽に食べれて嬉しいです。

オーストラリアのブリスボール店

コーヒーやお茶、ワインとのマリアージュ

ブリスボールは

No Sugar(砂糖なし)

No Gluten(グルテンフリー)

No Additives(添加物なし)がコンセプトのスイーツ。

ドライフルーツや素材そのものの甘みだけで作られています。

そのため、使う材料によって甘みを調節しているので甘さレベルも様々。

 

甘いのが苦手な方には

赤ワインと合うイチジクとくるみのものや、クランベリーとサンフラワーシードを使用したブリスボールがおすすめ。

赤ワインとよく合います🍷

自分でもお好きなマリアージュを見つけてみては?

大人にはお酒とのマリアージュ、お子様には一緒に作って楽しめるブリスボール。

ヘルシーで簡単。

お土産にもホームパーティーにも活躍するスーパーボールなブリスボールでした。

「ブリスボールのある生活」を楽しんでみてはいかがでしょうか?

✴︎FOOD JEWELRY株式会社の代表 坪井玲奈さんが新たに立ち上げたプロジェクト

「ブリスキッチン」

公式オンラインショップ:https://www.blisskitchen.shop/

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly